古井戸

古井戸を覗きこんでいる美しい少年に、思わず立ち止まって声をかけると――――。

ちゃん太郎とユノユノの夢とも現とも取れない不可思議なお話。夢と記憶と現実が交差する、怪談ですが全力エロス。
ユノユノ攻められが苦手な方はそよ風のように通り過ぎてください。
怖い要素は少なめ、短編ですので読みやすいと思います。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?